会社概要

山田屋の屋号は天保(1830-1844年)の時代に寺子屋(晩成学舎)からはじまり、明治7年に廃業後、山田屋出店(でみせ)と言う、米・油・荒物など様々なものを扱う小売業となりました。

現在の店舗の「山田屋の家庭用品」は1953年(昭和28年)に9代目の新井壽一が有限会社に登記し、今は11代目が引き継いでおります。

 

現在は、昔から変わらずのロングライフの商品や荒物雑貨、キッチン用品、
今ではもう作られていない昭和時代の昔なつかしい良い商品に加え、
長年使えるような新しい商品をセレクトし、
幅広い年代のお客様に楽しんでいただけるお店を目指した家庭用品のお店です。

 

暮らしの中でほぼ毎日手にする生活用品は見た目の機能の美しさを備えていることはもちろんのこと、毎日過ごす生活スペースだからこそ、お気に入りの生活雑貨をさがして置くことで日々楽しく生活することができます。
掃除、洗濯、買い物に食事の支度。

ついつい毎日同じことの繰り返しで単調になってしまいがちです。

そんな作業を楽しみに変えてくれるのが生活雑貨です。
お気に入りの生活雑貨を取り入れて、
ワクワク家事をこなせたら素敵ですよね。
暮らしに落ち着きと彩りを与えてくれる道具、
心に寄り添う道具を山田屋に見つけにいらして下さい。

 

 

商 号 有限会社 山田屋
代表取締役 栗原 渉
創 業 1953年(昭和28年) 12月14日
資 本 金 300万円
住 所 〒271-0091
千葉県松戸市本町12-8
TEL.047-362-3119
FAX 047-362-5657